病院の薬剤師の求人を探す時に気を付けたいこと

病院の薬剤師の求人を探す時に気を付けたいこと

薬剤師8

病院の薬剤師の求人は、総合病院や公立病院、大学病院など様々なものがあり、医療業界でキャリアを積みたい人の間で魅力のある就職先として捉えられることがあります。病院内で働く薬剤師の仕事内容や待遇は、配属先によって大きく異なります。

そこで、長く勤められる職場を見極めるため、各地の病院の求人票や公式サイトを参考にするだけでなく、就職相談会や院内見学に参加をするのも良いでしょう。

合わせて読む:正社員になりたい薬剤師の求人の探し方

総合病院では新卒者の大量募集が行われることがある

大規模の総合病院では、薬局内での調剤や病棟での服薬管理など様々な業務をスムーズに行うため、大人数の薬剤師が必要とされています。また、経営状態が良い総合病院をはじめとして、毎年新卒者の大量募集を行っているところも多くあり、実務経験が無い人も働きながら薬剤師として必要なスキルを習得しやすい状況となっています。

たとえば、スタッフの適性や能力に応じて配置を決めている総合病院では、研修期間に調剤から服薬管理まで一通りの業務を体験できる制度を採用しているところもあり、研修が終わるまでの間に自分に向いている仕事を見つけることが可能です。

また、毎年の新卒者の採用人数については、患者数の増減や医療サービスの提供状況などによって変更が行われることもあります。そのため、総合病院を就職先の候補にしている人は、早いうちに身近なところにある総合病院の新卒採用に関する情報を集めることがおすすめです。

なお、地域内にいくつかの総合病院を展開している大手の医療法人では、定期的に薬剤師を含めて人事異動が行われることもあり、将来的に配属先が変わる可能性についても担当者にしっかりと確認しておくことが大事です。

大学病院では実務経験が豊富な薬剤師が重宝されている

大学病院で働く薬剤師は、一般の総合病院のように調剤薬局や一般病棟だけでなく、治験の現場や救急病棟、手術室など様々なところで活躍の場が用意されています。

そのため、調剤業務を中心とした実務経験が豊富な薬剤師は、各地の大学病院で即戦力として重宝される傾向が見られます。

大学病院の薬剤師になるには、国立大学や私立大学の薬学部を卒業するだけでなく、民間の医療機関や製薬会社から転職をするという方法もあります。そこで、近い将来に大学病院への就職を希望する人は、なるべく若い頃から自分に合ったキャリアパスを考えておくことがおすすめです。

最近では、人材育成の一環として、採用後に一人ひとりの薬剤師のバックグラウンドに応じて個別のサポートを行ったり、病院外でセミナーや講演会に参加できるようにしたりする大学病院の数が増えています。そうした中、働きがいのある大学病院を見つけるには、新卒者からベテランまで様々な経歴を持った薬剤師が在籍している病院の求人情報を日ごろからチェックしたり、就職説明会に顔を出したりすることが有効です。

その他、大学病院で長くキャリアを積んだ人に直接仕事の楽しさや大変さについて質問をすることも大切です。

公立病院で正規職員の薬剤師として働くには早めの公務員試験の対策が肝心

公立病院の正規職員の薬剤師は、地方公務員の安定した待遇が保証されているため、収入の減少やリストラなどの悩みを感じることなく働きたい人にとって大きな魅力があります。公立病院の薬剤師として採用された後には、都道府県や市区町村が運営する病院の病棟や調剤薬局などにに配属されるケースがほとんどですが、医療現場を経て役所や福祉事務所、保健所などに転勤となる人もいます。

また、最先端の医療を扱っている自治体で公務員の薬剤師として働く場合には、日々の仕事を通じて開発されたばかりの医薬品に関する知識を得られたり、研修会や学会などを通じてスキルアップを図ったりできることもあります。

大学を卒業した後に公立病院に就職をしたい場合には、早いうちから興味がある自治体の公務員試験の対策を立てることがおすすめです。自治体によっては薬剤師の区分の受験者を対象に、学力試験の他に複数回の面接を実施しているところもあります。

そのため、ライバルに差をつけるために、志望動機や採用後の目標について、担当者にきちんと伝えられるように練習をすることが肝心です。なお、卒業後すぐに正規職員として働くことを希望しない人は、それぞれの自治体の非常勤職員の採用の有無についても調べておくと良いでしょう。

療養型病院では終末期医療に対する意欲がある薬剤師が必要とされている

薬剤師17

老衰や慢性疾患を抱えている高齢者のケアを行う療養型病院では、終末期医療に対する意欲を持った薬剤師が重宝されています。特に、薬剤師として症状が重い患者と接する場面が多い現場においては、短期間で数種類の薬剤を適切に管理をしなければならず、一年を通じて知識や経験が豊富な人を積極採用している病院が目立ちます。

療養型病院に勤める薬剤師は、総合病院や調剤薬局など他の職場と比べて給料が高い傾向がありますが、担当の患者の病状の急変などの際に呼び出されたり、希望通りに休暇を取れなかったりすることもあります。そこで、一つの療養型病院で長くキャリア形成をしたい人は、職場内の薬剤師の人数に余裕があるところや、一か月の残業時間がなるべく少ないところを就職先の候補に選ぶことがおすすめです。

スタッフが不足しがちな療養型病院では、就職希望者の院内見学に応じているところも多くあるため、求人票をチェックして仕事内容に興味を持った場合には、気軽に担当者にコンタクトを取ると良いでしょう。

薬剤師のキャリアが浅い人もパートで働ける病院も多い

薬剤師のキャリアが浅い人が病院でフルタイムで働く場合には、与えられた仕事を上手くこなせなかったり、それぞれの医薬品の特徴を覚えるのに時間が掛かったりすることもあります。そうした問題に悩まないためには、パートとして働きながら少しずつ薬剤師として必要なスキルを習得できる病院の求人を探すのがおすすめです。

たとえば、幅広い年齢の医療従事者が在籍している総合病院の中には、パートの薬剤師を含めてすべてのスタッフに対して丁寧に教育をしたり、業務に役立つ資格取得に向けたフォローをしたりしているところも多くあります。

薬剤師として無理なく働ける職場の見つけ方

病院勤務の薬剤師は、調剤や入院患者の服薬管理など様々な業務を任されることがあり、医薬品に関する正しい知識や実務経験を持った人が必要とされています。また、勤務先によっては高収入を得やすいものの、少人数で病状が重い患者の対応をしたり思うように休みを取れなかったりすることもあるため、求人選びの際に長く働ける環境が整っているところを見極めることが重要です。